リゾートホテル、シティーホテル、お得なクレジットカード情報、フライトとマイル、グルメ、そしてサンディエゴ。旧名サンディエガン。
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/05/24(土)
ヒースロー空港で、エレベータの非常ボタンを押した人、いませんか?

ヒースロー空港、サクララウンジエレベータロンドンのヒースロー空港、出発ロビー、日本航空のサクララウンジへの手前。
ラウンジが2階にあります。普通ならエスカレータに乗って2階に行きます。機内持ち込みするスーツケースを持っているので、エレベータに乗る。扉がなかなか閉まらないので、「閉まる」ボタンを押す。

ブブっと音がする。よく見ると「ベル」のマークのあるボタンだった。警備室とインターホンで話すことに、「間違って押しちゃった」「Not at all」。


サクララウンジで同僚と待ち合わせ、搭乗時間になって再びエレベータにのる。同僚いわく「さっき、非常ボタン押したんですよね」。 「私も押した」。 笑い状態。。。。。

きっと、JAL便が出る前の2時間くらいの間に、毎日何人も非常ベル押しているに???ちがいない。


JL402エコノミー3席エコノミーの特権。3席ぶち抜きのフラットベットです。3席だと足がはみ出しますね。747の4席状態だともっと快適。

チェックイン時に、空席数が60くらいあると聞いたので、3列並びで横に誰も来そうにないポジションに座席指定を変更。的中です。
ちなみに、行きの便でもチェックイン時に座席変更しましたが。私、空、客という配置になっちゃった。

スポンサーサイト
2008/05/24(土)
2泊のスケジュールをこなして、JAL402便にて、ロンドンから成田に帰りました。
機内食の写真です。

JL402機内食・メインメインには、やっぱりご飯の付いているほうを選択。
この食事は、結構おいしかったです。副食の味が充実。



JL402機内食・軽食
軽食は、この通りです。
まっこんなもんか・・・。イギリス発だし。エコノミーだし。



強行スケジュールにつき、この2食以外の時間は、ほとんど寝ておりました。
2008/05/24(土)
一年半ぶりの国際線搭乗でした。JAL401便、成田発ヒースロー行き。4月に急遽出張が決定。

正規エコノミー運賃なので、成田空港でJALのサクララウンジが使えた。ラッキーというより、何でこんなに高いんだ!正規運賃。

飛行機の搭乗時間までの間に、サクララウンジでセルフサービスの朝食を頂く。ホテルの朝食ビュッフェのミニ版。
サクララウンジ成田 サクララウンジ成田・朝食


そして、機内食の模様
2007/08/04(土)
成田空港(NAA 成田国際空港株式会社)の主催する「成田成田エアポート ワンデイ・サマースクール2007」に申し込んで、抽選に当たりました。

私と長男とで参加する予定でしたが。ん~ん。その日は私が休めなくなって、残念だったのですが、キャンセルの連絡をNAAにしました。

10:00から16:00までの間の1日プログラムです。
成田エアポート ワンデイ・サマースクール2007


来年は当たるであろうか?
2006/11/19(日)
JL001 搭乗口アメリカ出張も大詰めのサンフランシスコから成田への帰路です。JAL1便に乗ります。ラウンジで最後まで粘っていたので、搭乗口には搭乗が始まった後に到着しました。ファーストクラスとビジネスクラスの乗客は既に乗っている模様。左側のエコノミークラスの乗客の列を横目にしながら、右側のほうへスタスタと歩いていく私でした。

JL001 チェックインいつもはANAのエコノミーで、JALよりも出発時間が早いので、サンフランシスコの最終日朝は、ものすごく早起きします。でも今日は、フライトが12:00発で、ホテルも空港に近いので、普通の時間に起床してホテルで朝食を取って、ゆったりと空港に向かいました。JALのカウンター、ほとんど混んでません。


SFO サクララウンジ 入口 SFO サクララウンジ
搭乗までそんなに時間があるわけではないけど、向かったのは、セキュリティーゲートを通った後の、サクララウンジ。6年前に一度入ったことがあるだけのサクララウンジ。そのときとはSFOの国際線ターミナルが改装されているので、今回がほぼ初めて。
成田とサクララウンジと比べて、狭い! しかも、お客さんでほぼイッパイ。ま、事実上JL001便専用なのでしょうがないか、と思いながらも。高いお金を払っている人は、こんなところでくつろいでいたんだ、と分かってしまった。
2006/11/11(土)
NRT サクララウンジ久しぶりの海外出張に出かけました。いつもはANAのディスカウントのエコノミークラスなのですが、今回はJALのビジネスクラスにしてみました。以前は少しでも楽な座席を得ようと(内心は無料アップグレードを期待して)出発時刻の3時間前に空港に着くようにしていたのですが、今回の席は決まっているので1時間半前の空港到着です。逆に空港内を散策している時間のほうがありません。でも、JALのサクララウンジには行ってみました。


NRT サクララウンジこんな風になっていたんですね。窓から飛行機が見えるラウンジ。飲み物やつまみも無料のようだし。結構広い。ゴールドのクレジットカードを持っていたら無料で利用できる出国審査より前にあるラウンジとは、やっぱり違うわ。ファーストクラスやビジネスクラスの乗客は、搭乗ゲートの近くのこんなところでくつろいでいたとは。

NRT サクララウンジいまどきのラウンジには、パソコン利用や用に電源が用意されたテーブルのコーナーがあります。私がラウンジに入ったときには、ここを使ってノートパソコンをパチパチ叩いているお客さんが沢山いました。香港行きのフライトの最終案内のせいか、さっと皆さんいなくなってしまいました。

2006/09/20(水)
連休に飛行機で帰省しました。羽田空港の利用は、年に1回ほどですが自家用車で行きます。今回も利用したのは、民間駐車場の「つばさパーキング」。インターネットで予約しておいたら後は結構簡単便利です。
つばさパーキング 入り口 つばさパーキング 駐車場
羽田空港の駐車場は大別して3種類あります。
1)空港内にある駐車場(財団法人 空港環境整備協会 が運営)料金が高いのが特徴だったが、料金値下げで結構使いやすくなった。そのため、満車の時が多くなり、入庫待ち時間が長い時もある。
2)民間駐車場:空港の近くにある駐車場で、駐車場から空港までの送迎が付いている。普通は、自動車は別の場所に移動させられ到着時間に合わせて、また駐車場に戻される。空港駐車場よりかなり割安だったが、空港駐車場の値下げで、割安感は少なくなってきた。
3)格安民間駐車場:空港付近にある駐車場で、駐車場から空港までの送迎つき。割安なだけあって、地図見ると空港から結構離れていることが多い。おそらく、送迎に時間がかかるのと、送迎バス待ちの時間も大きいと思われる。

つばさパーキングは、2の民間駐車場です。駐車場に止まっている車、気のせいかハイクラスな車が多い。料金は、2泊3日で、6,000円でした。空港駐車場の料金は(後で調べたのですが)7,000円程度。
2006/01/30(月)
サンディエゴ家族旅行からの帰りの全日空便です。機材が変更になったとかで2時間ほどの遅れです。ロスアンゼルスはお昼過ぎ。
NH005 LAX NH005 LAX Gate104

機内食を写真で紹介します。座席は、当然?エコノミー。
2005/11/25(金)
帰宅すると「2006年アートカレンダー在中」という郵便物が日本航空から届いていた。どうしてJALから? そっか、半年ほど前に日本航空(9205)の株を買ってました。
JALカレンダー2006

2005/11/07(月)
成田空港第2ターミナルには、ゴールドクレジットカードの付帯サービスとして無料で利用できるエグゼクティブラウンジが2つあります。航空券はエコノミークラスのディスカウントチケット、航空会社マイレージも普通会員の私にとって(多くの皆さんもそうだと思いますが)、ゴールドカードのラウンジはチョビリッチの場。今回は、アメックスのゴールドカードでラウンジを利用してみました。

成田第2ターミナルのIASSラウンジ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。