リゾートホテル、シティーホテル、お得なクレジットカード情報、フライトとマイル、グルメ、そしてサンディエゴ。旧名サンディエガン。
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/04/06(日)
ちょっと前のこと、2008年2月中旬から3月中旬にかけての、松下製の洗濯乾燥機の修理のこと。

購入日:2006年3月25日
品番:NA-VR1000
販売店:石丸電気

花粉症の季節、2月から、洗濯乾燥機の乾燥がほとんどできない状態。花粉の季節。

2/11 石丸電気に電話。家電延長保険に入ったいたので。
2/13 サービスマンがやってきて、修理していった。(家内が対応。以下、お家での対応は家内)
2/14 乾かない。再び、石丸電気に電話。
2/18 サービスマンがやってきて、まだどこかを修理していった。「様子を見て」と言われた。
2/26 やっぱり乾かない。サービス修理受付に電話。
2/28 松下電器のお客様センターに電話。
2/29 サービスマンがやってきた。
3/2 やっぱり乾かない。サービス修理受付に電話。サービスマンにも電話。
3/11 サービス受付から、3/13修理予定の件の電話が入る。
3/13 サービスマンがやってきて修理作業。
3/15 乾きが悪いとサービスセンターに電話した。
3/17 朝電話があり、夕方サービスマンがやってきた。修理
3/19 乾きが悪いと、サービスマンに電話。
3/21 サービスマンが修理作業。
    洗濯乾燥機の下のほうから、ゴム状のゴミが出てきたらしい。
    部品交換もした。そのゴミが排水部分を邪魔していたらしい。

最初に電話してから、正常に乾燥できるようになるまでに、約40日。ヒートポンプやら何やら部品交換していったけど、保険のため我が家の金銭出費は無し。
サービスマンの言っていることをくみ取ると、この洗濯乾燥機の修理には手順書があって、ゴミをとるとか、水分を抜くとか、ヒートポンプを替えるとか、、、その順番を守らないといけないらしいい。最初だけサービスマンが別人だったので、その人が最初からくるわせたのかも。

だがしかし、その間、困ったのは我が家。家の中は、洗濯もので一杯。

買ったのは約2年前、新製品ではもう新しい乾燥方式になっているらしい。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。