リゾートホテル、シティーホテル、お得なクレジットカード情報、フライトとマイル、グルメ、そしてサンディエゴ。旧名サンディエガン。
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005/10/04(火)
平成17年10月3日、平成電電株式会社が東京地方裁判所に民事再生手続開始の申立てを行ったというニュース。平成電電とはCHOKKA(チョッカ)というサービス名称の直加入電話サービスを提供している会社。なんといっても特徴は、全国一律の料金3分6.8円(税込7.14円)と格安なこと。

それって、我家も使っている電話会社。
直加入電話サービスでは、NTT東日本あるいはNTT西日本と契約する必要がない。

平成電電では加入権は不要。希望すれば、平成電電がこれまでのNTT加入権を買い取ってくれます。私の場合、約12,000円で買い取ってもらいました。NTT加入権売買市場では、売りは5,000円程度なので、まあまあの売りでした。

電話番号はそのままです。細かい条件があるらしいが、私の場合問題なく電話番号はそのままだった。

とにかく安い、3分6.8円(税込7.14円)。私がCHOKKAに換えるまでは、回線をNTT東日本、市内を東京電話、市外・国際をフュージョンにしていた。直加入電話サービスが出るまでは、最安の組合せだったと思う。平均すると月に、NTTから2,400円、東京電話から200円、フュージョンから700円で、計3,300円が固定電話代。それがCHOKKAに換えてからは、2,700円程度になった。明細書を見てもらえば、「これだけ電話しても2,700円なの?」ということが分かると思う。
平成電電CHOKKA料金明細書

ちなみに我家のインターネットはケーブルである。ブロードバンドだがADSLでも光でもない。電話口には電話機が直接つながっている。

ニュースによると、多額の設備投資や派手な宣伝を行ったが契約者数が思うように伸びずに収益が低迷。負債総額は、約1,200億円。契約者数は16万人。営業やサービスは今後も継続する。

CHOKKAの宣伝資料には「しくみ」と題して、色んな違いが解説されているけど、それが理解できるのはマニアのレベル。直加入電話サービスはこれまでより安くサービスを提供できることだけをアピールすれば、もっと加入者増えると思うんだけどなぁ。契約者数の採算ラインが100万人だったとは、、、

ちなみに私は、個人投資家など約1万9000人のから計490億円を調達したとされる、年10%分配金の出る「平成電電匿名組合」には出資していません。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sandiegan.blog20.fc2.com/tb.php/13-217ad901
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
いま、ニュースでやってたのですが、平成電電が民事再生を申請したそうです。平成電電といえば、CHOKKAのCMで足掻いているのをみてたので、いつおやの木津信用組合(金融機関)のように、身の丈に合っていないTVCFがイタかったとおもったのですが・・・。個人的には やはり 
2005/10/04(火) 08:53:13 | るろさんのバーチャル財テク日記
平成電電が、民事再生法を申請ここ1年平成電電を、使用しているのです。電話の基本料金とADSLとモデムレンタル料とプロバイダー代込みで、¥3,780で使えてるので、とてもお得で気に入ってたのですが、知名度が今一で、加入が伸びないのが、赤字の原因みたいですね!また
2005/10/05(水) 05:41:09 | 情報の海に溺れる
平成17年10月に民事再生手続開始の申立てを行った平成電電株式会社、結局平成18年6月16日付けで日本テレコムに事業譲渡となっています。そして平成電電の利用者であった我が家にも、「サービス切り替えについての案内」が届い
2006/07/17(月) 14:42:52 | サンディエガン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。