リゾートホテル、シティーホテル、お得なクレジットカード情報、フライトとマイル、グルメ、そしてサンディエゴ。旧名サンディエガン。
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005/10/18(火)
色々な手数料が無料なことで密かに人気を集めている新生銀行。今回は、サンフランシスコから現金を引き出してみた。

ウェルスファーゴ銀行のATM
サンフランシスコ市内のWells Fargo(ウェルス・ファーゴ)銀行の店舗側面にあるATMでドルの引き出しにトライした。新生銀行カードを持っていたので、今回の出張のため日本で用意したドル現金はいつもより少なめ。普通にカードをATMに挿入し、暗証番号を入力する。”Withdraw”(お引き出し)を選択すると、金額指定と40ドル(クイック)があり、面倒なのでそく40ドルを選択した。すると、20ドル紙幣が2枚と、明細書および私の新生銀行カードが戻ってきた。

後は日本に帰国して、本当に海外引き出しの手数料が無料かどうか確かめることに。

その前にそこはかとなく。アメリカの銀行は何でも手数料を取りたがる。以前私はサンディエゴに赴任しており、Wells Fargo銀行をメインに使っていた。州外の銀行のATMでWells Fargoの口座から現金を下ろすと、確か1.5ドルの手数料をそのATMの銀行から取られた。それはレシートから直ちに確認できた。後日、Wells Fargoのステートメントを見るとWells Fargoも1.5ドルの手数料を取っている。ユーザから見れば、他行のATM利用で合計3ドルの手数料を取られたことになる。

三井住友銀行のキャッシュカードにも、海外引き出し可能のサービスがあり、私も以前に使っていた。普段使っているキャッシュカードがそのまま海外で使えるのではなく、申し込みをして、日本でも海外でも使えるキャッシュカードに交換してもらう必要があった。どういうことかというと、日本のキャッシュカードの磁気ストライプは表面についている。一方、海外のカードの磁気ストライプは裏面についている。手元にキャッシュカードがあったら裏面を見て欲しい、磁気ストライプは付いていないはず。三井住友銀行は、表にも裏にも磁気ストライプの付いたキャッシュカードを希望者に発行していたのである。この辺りを意識してか、新生銀行のキャッシュカードは始めから裏と表の両面に磁気ストライプが付いている。

新生銀行カラーキャッシュカード 新生銀行キャッシュカードの裏面

ちなみに私の新生銀行カードは、数十色から選べるカラーカードに代えてもらっています。

さて験算に入ろう:
2005/10/07 ATM現金出金(提携取引) 4,720
となっている。他の手数料は乗っかっていない気配。
10月7日の為替レートはTTSで1ドル114.55円だった。現金には+2円不利なレートが適用されるので、1ドル116.55円だったとしてみよう。
116.55×40= 4,662
118.00×40= 4,720
おかしい。レートがもっと不利だ。新生銀行のホームページを確認してみる。なんと、「円換算レートはVISAインターナショナルが定めたレートに4%を加算したものです。」となっている。なんかひどいなぁ。同じ10月7日のVISAカードでの決済には、1ドル115.788円のレートが適用されているのに。

確かに、いつものカードがそのまま海外で使えて便利だし、他行の手数料が本当は発生しているのも知っているけど、「手数料無料」って宣伝するんだったら、レートは3%加算に留めるべきでしょ!新生銀行さん。

でも国内だと新生銀行はとっても使い勝手が良いのです。ATMの引き出し手数料無料とか、振込手数料がキャッシュバックされるとか、などなど。

コメント
この記事へのコメント
新生銀行そっかあ
新生銀行の手数料無料の実態を確認したことがなかったので、とっても参考になりました。そういう仕組みで海外では手数料無料でも、銀行はちゃんと儲かるようになってるんですね。
私は先日シドニーに行きましたが、そこで新生カードが使えず、本当の困りました。どうして使えなかったのか原因を究明したいと思います。
2011/08/29(月) 13:38 | URL | ゆかた #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/02/21(火) 12:45 | | #[ 編集]
手数料は無料。
為替レートはかかる。
別になにも矛盾してないし、利用規約にも明記されてる。

当然自分もそれを読んで確認してた。
落とし穴でもなんでもない
2012/10/01(月) 17:22 | URL | 名無しさん #-[ 編集]
ここの書き方をみると、
http://www.shinseibank.com/atm/riyou_kaigai.html

「手数料不要」は大きく書いている。
「4%を加算」は下の注に小さく書いている。これを「落とし穴」という。もし、書いてなければ詐欺になる。
確かに加算については書いてあるので、詐欺ではない。しかし、「落とし穴」は「落とし穴」である。
消費者自身が他の消費者に注意を喚起するのは、立派なネチズンの活動である。違うかな?
2012/11/27(火) 17:35 | URL | 落とし穴は、落とし穴 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sandiegan.blog20.fc2.com/tb.php/16-eb13a621
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。