リゾートホテル、シティーホテル、お得なクレジットカード情報、フライトとマイル、グルメ、そしてサンディエゴ。旧名サンディエガン。
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/01/26(土)
ポイントマネーの状況も変化していきます。そろそろ利用クレジットカードの見直しが必要ですね。まずは情報整理から。

ANAカードのマイレージ移行サービスが変わります。

ANAカードでは、クレジットカード1000円の利用で1ポイントがたまります。

2008年3月31日(月)までは、
 1ポイント = 10マイル
 移行手数料2,100円(税込/年度ごと)


2008年4月16日(水)からは、
 【10マイルコース】
   1ポイント = 10マイル
   移行手数料6,300円(税込/年度ごと)
 【5マイルコース】
   1ポイント =  5マイル
   移行手数料無料
となります。

ただしゴールドカード会員のマイレージ移行サービスには内容変化がなく、1ポイント=10マイル、移行手数料無料、が継続されます。


年会費が2,100円の一般カードをメインで還元率を稼いでいた場合、この変更は大きな影響がでます。1ポイントを5マイルにする選択肢はもったいなすぎます。マイル移行手数料が4,000円上昇するのは、交換のオーバーヘッドが高いですよね。

三井住友カードのANAマイレージ移行サービスも同様な変更があります。

話を、ANAカードにもどして、10マイルコースで2008年8月31日までにマイレージ移行した人には、移行手数料の一部(4000円、すなわち値上がり分)がキャッシュバックされるチャンスがあります。その条件は、カード利用代金明細がWeb明細であること。

電子社会といっても、紙でほしいものもあるんですよね。

まとめ、
ANAカードの還元率
ケース1) オーバーヘッド 8,200円で、還元率1%
ケース2) オーバーヘッド 2,100円で、還元率0.5%

1マイルは1円(edyに移行)で考えています。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sandiegan.blog20.fc2.com/tb.php/169-1089a354
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。