リゾートホテル、シティーホテル、お得なクレジットカード情報、フライトとマイル、グルメ、そしてサンディエゴ。旧名サンディエガン。
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/01/16(土)
久しぶりに、新しいクレジットカードを申し込みました。
今回探したカードは、ETCで使えて、還元率が1%以上あり、ネットで利用履歴が確認できること。

これまで、ETCの利用は、JAL(DC)カードを親カードにしたETCカードで行ってました。ネットで利用履歴をダウンロードすると、高速道路の結構小口の利用履歴とお買物の履歴が入り乱れてきて、とても管理しきれない状況にありました。そこで、ETCの利用分だけを他のカードにしたいと。どうせ、ETCは別のカードになるんだから、新たにクレジットカードを作っても、さほど使うのが手間にはならないはず。

いろいろ探して、見つけたのが、このカード。今週届きました。

ステアリングパスカード

セディナ(旧セントラルファイナンス)のステアリングパス カード
http://www.cfweb.co.jp/steeringpass/index.html

特徴をまとめると、ETC利用での還元率が1%。ポイント期限が3年のため、還元漏れが起こりにくい。リボ払い専用なので使い過ぎに注意が必要。

それにつきます。

普通、クレジットカードのポイントをキャッシュバックや何でも使えるギフト券にした場合の、還元率は0.5%です。中にはETCでの利用にはポイントが付かないカードがあったりする。このSTEERINGPASS カードの場合、ETCでの利用やガソリンスタンドの利用などでは、ポイントが2倍になる。すなわち、ETCのポイント還元率が1%になります。

ポイント還元は、100ポイントで500円分のギフト券。すなわち、ETCなど利用5万円で、500円の還元。ETCだけの利用だとしたとき、1年で5万円もというとそこまでは高速に乗らないだろう。ポイント有効期限が3年なので、毎年のようにポイントが切り捨てられることもない。

注意は、このカードがリボ払い専用カードであること。1か月支払いを先送りした時の手数料(≒利息)が、1.25%になる。ということは、1か月支払いを延ばすと、還元率1%は吹っ飛ぶということ。最低支払額に、1万円、2万円、3万円とあり、3万円に設定しておけばETCとガソリンくらいなら、毎月全額を支払うことになると思う。もちろん、3万円を超えても、全額払うことは可能です。

VISAブランドだと、年会費が無料です。
JCBブランドだと、年会費は有料ですが、ロードサービスが付帯されています。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sandiegan.blog20.fc2.com/tb.php/234-d5b2eeb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。