リゾートホテル、シティーホテル、お得なクレジットカード情報、フライトとマイル、グルメ、そしてサンディエゴ。旧名サンディエガン。
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005/08/28(日)
絵に描いたような、マーケティングキャンペーンに遭遇した。場所はヒルトン小田原リゾート&スパのロビー、内容はハワイっぽい衣装を着たお姉さんが籠のなかに何やらスクラッチくじを持っていた。

ヒルトンGVC案内書

プールの帰りでちょっとお腹が空いていた。子供達はもう夕食を食べたそうにしていた。「どこかでクッキーが手に入らないかなー」と思った瞬間、何かの抽選とクッキーらしきものが視認できた。近寄ってくるお姉さん。
順序はこうだ。(1)何かのくじで見込み客の注意を引き付ける。一枚引いてスクラッチを削るとB賞。おそらく空クジ無しだろう。B賞商品を受け取るためにテーブルまで行く。B賞は一袋のクッキーだった。(2)アンケート作戦。アンケートにご記入いただくとハワイ旅行のチャンスがありますよと促される。失うものはないし、クッキーもくれたので、素直に協力する。「海外旅行の回数」という欄、10回と答える。(3)金券類と引き換えに説明会への参加を促す。ヒルトン・グランド・バケーション・クラブの説明会(会場はヒルトン東京)に90分間夫婦で参加すると、1万円相当のギフト券を進呈するところを今回はヒルトン小田原の無料宿泊券を進呈されるとのこと。熟考して、説明会参加の予約をした。

マーケティングの教科書に出てくるような、ステップだ。説明会で待っているのは数百万円の商品だ。数百万円の商品を売る場合、ターゲットとする顧客層にアプローチする必要があるし、時間をかけた商品説明が必要だ。営業費用も半端じゃないし、途中に入っている代理店の成功報酬も大きいのだろう。キャンペーンの前線部隊が不正をしないように、というか申込者の参加率を下げないような工夫も施されている。申込んだ事のサインや確認書の発行がそれだ。

ヒルトンGVC説明会・予約確認書

お腹を空かせた子供達は、バリバリとそのクッキーを食べ、帰宅して夕食までのつなぎには最適であった。家内曰く「このクッキー500円はするよ」って。そして無料宿泊券を得る算段もついた。宿泊券の進呈は説明会の後ということなので、説明会をすっぽかしても罪悪感は少ないと感じた。

プロモーションをしていたのは「ヒルトン・グランド・バケーション・クラブ」。概要は、1年を52週に分け、クラブが管理している高級コンドミニアムを1週間単位で所有するリゾートオーナーシップだ。
ヒルトンGVC説明会案内 ヒルトンGVC説明会案内(申し込みフォーム)


説明会は2005年11月末まであるので、興味のある方は申し込んでみるとよい。

私の興味は、もちろん無料宿泊券のほうだ。

続き→ヒルトンGVCのお誘いと題した立派な資料が届く
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sandiegan.blog20.fc2.com/tb.php/5-bd9cb842
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。