FC2ブログ
リゾートホテル、シティーホテル、お得なクレジットカード情報、フライトとマイル、グルメ、そしてサンディエゴ。旧名サンディエガン。
2006/08/06(日)
ポケットカード ゴールド以前より「100万円利用で16万円お得なクレジットカード」として紹介してきました、P-oneゴールドカード。我が家のメイン・クレジットカードにしておりますが、ポイント還元のルールが改正(利用者にとっていは改悪)され、明日の2006年8月7日が、最後の10倍&10マイルのケースです。

それでもなお、高還元率カードなので、新しいルールでの内容をまとめておきます。(ちなみに、このゴールドカード、空港ラウンジの利用サービスは付帯していません)
2006/07/22(土)
ポケット・ポイント<マイルCLUB>改定のご案内噂されていたポケット・ポイント<マイルCLUB>改定ですが、今日とうとう案内が届きました。還元率を10%以上にすることが可能なクレジットカードなので、私とワイフとそれぞれ使用していました。(私のカードワイフのカード

改定の内容はと言うと
■2006年9月30日でプレミアムコースの終了
それ以後は、マイルCLUBはスタンダードコースのみとなってしまう。プレミアムの交換率でのマイル交換申込の最終日が9月30日。
■プレミアムコースの参加費は返金
5,250円が戻ってくる。
■スタンダードコースの交換率が変更
現行の「1ポイント=2マイル」から、「1ポイント=2.5マイル」に変更。ただし、ゴールド会員は現行の「1ポイント=5マイル」のまま。

このカードをメインカードにして、プレミアムコースに入っていた者としては、
2006/05/30(火)
P-oneカード 2枚以前、還元率No.1のクレジットカードとして、ご紹介したクレジットカードですが、ゴールドカードなのに空港ラウンジが利用できない(実際に次回の海外出張で試してみるつもり)、家族カードがないという変な特徴がありました。JALマイレージへの年間以降上限が設定されていることもあり、と考えていると、待てよ・・・、専業主婦の家内のカードを単独で申し込もう。ということで、先日家内のカードも承認されて届きました。
これで今年は、JALマイレージを10万マイル×2、いただきです。
2006/05/13(土)
今年も自動車税の季節がやってきました。昨年の納税通知書から、バーコードが入るようになりました。些細に見えるけど、裏技現象を引き出しています。もったいぶるなって?
自動車税納税通知書
自動車税納付でマイルをためることができる!と巷では言われます。

でも私的には、自動車税納付で1.5%還元を受ける!という認識です。
昨年も同じ方法を実行しました。今年も同様に、さっき自動車税納付を終えました。

自動車税納税通知書 裏面
毎年5月31日が自動車税納付期限。例年私は、6月のボーナスが出てからの滞納をしてました。延滞金が1,000円を越えなければ指定金融機関で延滞してても延滞金0円で、期限後でも納付できた。
昨年から、コンビニでも自動車税納付できるようになりました。コンビニ代行収納のために、納付通知書にバーコードが入っている。

簡単に言うと、電子マネーEdyの使えるコンビニ、am/pm か サークルKサンクス で、自動車税をEdy出払う。ということなのです。

1.5%還元の仕組みは、マイルの貯まる仕組みといったほうがぴんとくるかな・・・
2006/04/30(日)
昨日、担当者名でP-oneカードから電話が掛かっていました。何やらサービスの説明をしたから1分ほど時間くれってことで、聞いていると。クレジットカードの次回の引き落としを、安心?の定額引き落としにしませんか、という内容。「必要ありません」と言って断りました。

クレジットカード側から、リボルビング払いを電話で提案してきたのは、始めてで驚き★。
沢山の特典で会員集めて、結局はお金を貸して金利を得るのが、カード会社なので、消費者は計画的にカードを使いましょう。
クレジットカード利用に伴う、消費者還元を追求し、金利手数料の類は払わないのが、計画。

P-oneカードにはお世話になっています。その説明は→★★
2006/04/10(月)
年会費が有料のクレジットカードにはめったなことが無い限り作らない私ですが、このカードは年会費を払って入会しました。一部のブログでは、「JALマイルが10倍たまる、すごいカード」とか紹介されてます。でも私は、純粋に還元率だけで選んでます。うまく利用すれば、年間100万円の利用で、16万円くらいがお得になる計算
ポケットカード ゴールド
そのカードは、「P-oneカードゴールド」。
ゴールドなのに空港ラウンジサービスが無い。

このカードのサービス内容変更により還元率も変わりました。変更後の内容はこちらのページに書いています。(2006/08/06 kobayashi)
2006/02/02(木)
1月末、サンディエゴへの家族旅行から帰ってきて直ぐに、ゴールドのクレジットカード2枚を解約しました。最近の解約は、電話口だけでできるんですね。両方とも「返却の必要はありません。お客様でカードにハサミを入れてください」とのこと。

解約したのは、
2006/01/21(土)
日曜日にウェブで申込入力した、GE Moneyコールドカードですが、土曜日には発行されて手元にありました。なんでも受取人限定郵便というのでやってきたのですが、消費者金融系は、発行が早いのかな。
GE Money ゴールドカード

サービスの中身はというと、
2006/01/15(日)
意外と見つからないのが、次年度以降も年会費が無料のクレジット・ゴールドカード。最初に私が見つけようとしたのは、子供の海外旅行保険のコストを最小にする方法でした。家族特約付き海外旅行保険が付帯したクレジットで年会費を最小にする方法を実践していたところ、ネットの人がこのブログに年会費無料のゴールドカードの情報を残していきました。

1) GONZOゴールドカード
実力派アニメクリエータGONZOとDCカードの提携カード
入会金・年会費とも無料
DCカードの通常のゴールドカードとほぼ同じサービス。すなわち充実。
子供の海外旅行保険もこのカードでカバーされます。
申込条件:30歳以上で一定収入があり、勤続5年以上。
私もGONZOゴールドカードを持っています。
ご案内&オンライン申込: http://www.gonzo.co.jp/card/

2) GE Money のゴールドカード
ほのぼのレイクの営業権を買い取ったGEコンシューマ・ファイナンスが出している。GE(ジェネラル・エレクトリック)とはあの発明王トーマス・エジソンが創業した電気の会社で現在は様々な事業を行っています。私たちになじみ深いのは、飛行機のエンジンでしょう、きっと。あの筆記体のGEのマークです。そのグループ会社。
年会費は条件付無料。初年度無料で、年間40万円以上の利用があれば次年度も無料に(通常5,250円)。
ポイント還元率1%。年間40万円以上の利用があれば還元率が1.5%になる。(一般的なクレジットカードのポイント還元率は0.5%です。)
申込条件が緩やかです:25歳以上、年収300万円以上の有職者。
早速、私も申し込んで、カードが届きました。
ご案内&オンライン申込:GE Moneyゴールドカード


3) 日本海信販VISAゴールドカード
鳥取に本拠を置く信販会社が出しているゴールドカード
年会費は条件付無料。初年度無料で、カード利用実績があれば次年度無料に(通常3,150円)
ポイント還元率1%
申込条件:極力なし
ご案内&オンライン申込:http://www.web-nihonkai.com/shohin/card/

以上、判っている範囲で、まとめています。(更新:2006/04/12)
2005/12/25(日)
入会特典があったこと自体を認識していなかったのですが、ディーシーカードから、GONZOカードの入会特典として、岩窟王デザインの特製クオ・カード(500円)が届きました。
QUOカード 岩窟王

年会費無料のゴールドカード自体が、入会特典ですね!
私には「アニメ岩窟王」の価値が分からないので、このクオカードはそうそうにコンビニで使ってしまうと思います。

前回▲GONZOゴールドカードは年会費無料で海外旅行保険家族特約付き